おかやま自転車ネットロゴ
自転車photo1 自転車photo2 自転車photo3

自転車は車道の左側走行が原則

自転車は車道の左側走行が原則。車道の右側を走ると、道路交通法違反となる。路側帯の白いラインの内も外もダメ。

12月1日から改正道路交通法が施行され、車道の右側を走ると違反となり、左側通行が義務づけられた。違反した場合は、3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金が科される。自転車は車道が原則で歩道は例外。歩道を走行するときは歩行者優先で、車道寄りを徐行なければならない。(自転車安全利用5則)。
http://urx.nu/5TgG

自転車左側通行、ルール浸透課題 岡山県警、悪質違反摘発も

写真拡大写真拡大

 道路の路側帯を走る自転車に、車と同様に左側通行を義務付ける改正道路交通法が1日、施行された。自転車が絡む事故の減少が期待されるが、ルール 浸透が課題。岡山県警は、学校への通知の徹底や街頭での啓発・指導などを通じて順守を呼び掛けるとともに、悪質な違反は厳しく取り締まる方針。

 自転車は道交法で軽車両に分類され、車道では車と同じく左側通行が義務付けられている。路側帯は、歩道のない道路の脇を白線で区切った歩行者用の 通行スペース。同法で「自転車も通行できる」とされ、車道ではないため左右どちらでも走行できた。このため自転車同士や車、歩行者との衝突、交差点での出 会い頭の事故などを招くとして、その危険性が指摘されていた。

 今回の改正で車道、路側帯を問わず「左側通行」という原則を徹底させ、事故抑止を図る。違反した場合は3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金が科される。

 一方通行の場合でも、車の進行方向にかかわらず左側を走らなければならない。

 原則3メートル以上の幅があり、乗り入れが許可されている歩道はこれまで通り左右どちらでも通行できる。

 県警はルール周知に向け、11月から県教委などと協力して県内全ての小中高校に改正内容を記した文書を順次送付。地域での交通安全講習などで説明するほか、啓発ちらしを20万枚作製し、警察署を通じて県内の市町村や関係団体などに配布する。(山陽新聞、2013/12/3 )