おかやま自転車ネットロゴ
自転車photo1 自転車photo2 自転車photo3

10月1日(土)車道の左端を走ろう!

みんなで自転車に乗って車道の左端を走ろう!

「おかやま自転車ネット」では、下記の要領で「自転車先進都市おかやま」の実現に向けて、「自転車は車両だ! 車道ラン」キャンペーンというイベントを実施します。

イベント名:「自転車は車両だ! 車道ラン」キャンペーン
実施日:10月1日(土)10:00〜12:00
集合場所:石山公園(岡山市民会館北)
内 容:自転車走行(岡山市街地を参加者の皆さんと一緒に1時間程度走行します)
参加費:200円(保険代)
定員:20人(先着)
持参品:自転車(持っている人はヘルメット)
参加資格:自転車や街づくりに関心のある方ならどなたでも。

【イベント趣旨】
自転車は道路交通法で車両とされ、車道の左端を走ることになっています。自転車が通ってもよい歩道は、「自転車通行可」の標識のある区間だけです。
岡山市は「自転車先進都市」になることを宣言しました。「自転車先進都市」は「自転車レーン」が充実して歩行者と自転車が安全に行き交うことのできる街であると同時に、自転車に乗る市民も交通ルールを守りながら走る街でなければなりません。歩道上で自転車が関係する事故を減すためにも、「自転車レーン」を延長して行く必要があります。
このキャンペーンは、まず市民に自転車の走り方について関心を持ってもらうこと、自転車が車両であり車道の左端を走るのが原則であることを広く知ってもらうこと、そして「自転車先進都市おかやま」の実現に向けた一歩にしていくことを目的としています。

参加希望の方は、eメールでお申し込みください。詳しくは事務局から連絡致します。

主催:おかやま自転車ネット
協力:岡山県サイクリング協会、岡山県バイコロジーをすすめる会、岡山県自転車軽自動車商協同組合、NPO法人まちづくり推進機構岡山、NPO法人公共の交通ラクダ(RACDA)、国土交通省岡山国道事務所、岡山市街路交通課、岡山大学環境理工学部・地域環境計画学研究室、岡山理科大学志野研究室

「自転車先進都市おかやま」の実現へ

今年の2月に岡山市が、「自転車先進都市」を目指すと発表しました。それから半年が経った8月に、自転車の施策を担当する街路交通課から、「自転車先進都市おかやま」実行戦略策定のための懇親会参加の呼びかけと、「自転車についての意見を聞かせてほしい」と連絡がありました。

8月末、市役所で話し合いの会合を持ち、下記はその時の資料の一部です。1時間程度の話し合いで、具体的には交差点での自転車レーンのラインの引き方や自転車走行のルールの啓発ついてなど、意見を述べてきました。

岡山市は「自転車先進都市おかやま」の実現に向けてのコンセプトを「走る」「停める」「借りる」「楽しむ」「学ぶ」の5つとして、具体的な自転車政策を実行する策定委員会を設立するそうです。それを仕切るのは、9月半ばにコンペで決まるコンサルタント会社だそうです。
市街路交通課では今年のリーデイング事業として、「自転車レーンの整備」「路上駐輪場設置実験」「コミュニテイサイクル有料化の社会実験」「サイクリングロード整備方針の検討」「街頭広報・交通安全教室等の実施」を挙げています。

これらがどのように実施されていくのか、注目していきましょう。

 

下の画像をクリックすると拡大PDFを表示します