おかやま自転車ネットロゴ
自転車photo1 自転車photo2 自転車photo3

「自転車先進都市おかやま実行戦略」案

岡山市は、5月18日に「自転車先進都市おかやま実行戦略」案としてまとめたものを新聞発表しています。それによると、自転車走行帯を短中期(3〜5年)と長期(10年)の2段階で整備し、ネットワーク化を進めるということがありました。


記事中の図は5年以内に実施する自転車走行帯の整備計画で、色の違いで車道の自転車レーンと歩道上の自転車通交帯を区別しています。この図で示している道路は、車道の両端に自転車レーンを設けるに道路幅は十分にあり、わざわざ歩道に自転車通交帯を設ける必要があるのか疑問です。車道への自転車レーン設置は、歩道に自転車通交帯を設けるより予算が少なく、短期間で可能です。仮に予算があっても、優先順位は車道の自転車レーンの設置です。将来的に自転車レーンと自転車通交帯が並行してあってもよいとは思いますが…。


また、実行戦略では駐輪場の確保、コミュニテーサイクルの導入、自転車のマナー向上対策を挙げているようですが、これらの優先順位は、1自転車のマナー向上対策、2自転車レーン設置、3駐輪場の確保であり、コミュニテーサイクルは最後の最後ではないでしょうか。「自転車先進都市」を標榜するなら、競争都市が多い中で施策に優先順位を付けて、短期に少ない予算で効率的に仕上げていかなければなりません。例えば、コミュニテーサイクルは予算がかかるため、最後で結構。「自転車のマナー向上対策」と「自転車レーン設置」を両輪にして押し進めながら、時間をかかってもできるだけ早期に駐輪場を確保していくことではないでしょうか。


「自転車のマナー向上」は、自転車先進都市にしていくためには絶対に必要なこと。それは一朝一夕にできることではなく、何年もかかることです。しかも、自転車に乗る人だけでなく、歩行者も車のドライバ―にも理解してもらわなければなりません。すぐにでも始めていくべきでしょう。


自転車ネットでは近々、市街地の道路幅を計測して自転車レーン設置可能な道路を提案していく予定です。

 

トラックバック - http://okayama-bicycle.sakura.ne.jp/blog/article/25?trackback